JKリフレが援助交際の温床となっている?俺は女子高生の売春を許さない!

JKリフレの裏メニューとは?今時な女子高生の援助交際を許さない!

皆さんはJKリフレと呼ばれる脱法違法風俗店をご存知だろうか?

 

このJKリフレとは元々、女子高生を働かせる為にメイドや添い寝などを売りにして店舗型のサービスとして運営した業者が流行らせた。

 

秋葉原の夜と裏

主に秋葉原や池袋に多く、一部では警察に摘発された店もあるが、この手のサービスには大抵の場合裏でヤクザが絡んでおり、雇われ店長が逮捕されるだけで大元のオーナーは形を変えて別の店舗を次々に出店して行く。

 

つまり、いたちごっこ的な連鎖が続くのだ。

 

JKリフレを世間一般に広めたのは間違いなくマスコミである。今時の女子高生の新しい稼ぎ口として広め、JKリフレは違法スレスレのサービスだと世の中にある意味で宣伝したのだ。

 

こうなると、JKマニアのエロ親父達は直ぐに反応してJKリフレが流行り出す。

 

そして、どんどんそのサービスは

短期的に金を稼ぐ箱

と化してサービス自体が過激になって行く。

 

最近のJKリフレの中には

裏メニューや裏オプション

と呼ばれるサービスを働いている女子高生達が個人的に行う動きがみられている。

 

理由は簡単だ。JKリフレは基本的に給料が劇的に安いからだ。客一人に対して1,000円程度が相場らしい。これでは1時間に2人の客を取ってもたったの2,000円である。

 

一般的な女子高生のバイトにしてみれば自給2,000円は魅力的かもしれないが、見知らぬ男と密室で二人きりになるJKリフレであればそれくらいは当たり前の対価とも言える。しかも、大抵の男性客はモテないキモ面ばかりだ・・・

 

JKリフレの裏メニューの具体的な内容とは

手コキやオナニー鑑賞

 

フェラチオや本番行為

をするJKもいる。

 

間単に言えば援助交際の事である。

 

彼女達は手っ取り早く金を稼ぐ為に表向きはメイドや添い寝系のJKリフレとして働き、金をつぎ込んでくれる太客に対しては自らの体を親父達に売るのだ。

 

未成年少女達による援助交際や売春は昔から存在する。

 

その形が今はJKリフレを中心に盛り上がっている構図なのだ。

 

俺はこのような未成年少女の売春行為を許さない。もちろん、買う親父達は極悪非道で生きる資格すらない人間だとは思うが、気軽に自分の体を売る女達にもかなりの責任がある。

 

皆さんもこの手の誘惑には絶対に乗らないで欲しい。未成年少女とのセックスは非常に厳しい厳罰が加される。下手すれば、全国的なニュースで報道されその後の人生が破滅する恐れがある。

 

セックスするなら正統派に

成人女性をナンパしてタダマンを狙う

べきだ!