時代はマックスなどのツーショットダイヤル!出会い系は過疎化が進むでしょう

メールでも掲示板でもない!音声通話が次世代の出会いの鍵になる

スマホ全盛期の世の中になって数年の月日が経とうとしている。スマホになってから益々、電車内や街中でモバイル端末を操る人が増えて来ている。みんなそんなにネットが好きだったのかと改めてネットの凄さを思い知る。

 

電車内や路上でネットを利用している人をチラ見すると、大抵の人がLINEをしているかFacebookを観覧しているな。まあ、それだけ面白いしリアルタイムで身近な情報を得るのには最高の仕組みだと思う。

 

街中や電車内などの公共の場では、この様なメッセージング色の強いコンテンツが好まれるが、大抵の人は実は裏で匿名性の高いアンダーグラウンドなサイトやアプリを使う。というか見たいと思っている。

 

この中には出会い系やツーショットダイヤルなどのコンテンツが含まれるだろう。何故ならネットのアングラ部分はこの様な不特定多数の異性との交流が一番好まれるからだ。

 

そして最近になってこれらの異性紹介サービスは業界再編とも言える極端な動きが起きている。それは出会い系サイトや掲示板の衰退とLINEの人気化によるツーショットダイヤルの爆発的な人気である。

 

この流れはもう止められないだろう。

 

焦りを見せている出会い系業者は次々にアプリ化してどうにか人気を保とうとしている。まあ、大手のワクワクメールやYYCなどはアプリ化でどうにか人気の低迷は免れるだろう。しかし、それでもツーショットダイヤルの人気は止められない。

 

私はこれからネットで出会いを楽しむのであればツーショットダイヤルを柱にしてワクワクメールやYYCなどはサブ的な位置付けで利用するのがベストだと思っている。

 

そうすればこれからも問題無くネットで出会いを見付ける事が出来るし、セフレゲット率もかなり上がるであろう。