愛人契約を「肉欲契約」に変更すべき!性欲と金欲の利害の一致に過ぎない!

愛人契約なんて所詮は性欲と金欲で結ばれた関係・・・

世の中には「愛人契約」という言葉があり、当たり前のように使われていますが個人的にはこの言葉には違和感を感じています。

 

何故なら、この言葉には「愛」という文字が含まれているからです・・・

 

愛人契約とは一部の金を持つ男達が若い女を囲って好きな時にセックスを楽しむ、男であれば一度は夢見るような関係のことですが、個人的には愛人関係となっている男女の間に

愛などない

と確信しています。

 

要は、男は女の体を求め女は金を求めているだけに過ぎないのです。

 

男は金を持てば余りある「性欲」を満たす為に若くて綺麗な女を求めるのはオスとしては当然とも思えますし、若い女達は好きな洋服やブランド品を買う為にお金が欲しいですから簡単に金が手に入る愛人契約には魅力を感じるでしょう。

 

しかし、私的に愛人という言葉には強い違和感を感じてしまいます。

肉人契約

とでも改名すべきでは?

 

と真剣に思いますね。

 

男女間に愛が無く金と性欲のみの人間関係において「愛」などという重要な言葉を利用する意味が本当に分からない。

 

また、愛人契約を行っている男の中には若い女をまるで「物」のように扱って、単なるステータス自慢に利用している者もかなり多いですからね。

 

最近では愛人契約をライトにしたような感覚の言葉である「パパ活」なる新たな言葉も若い女性達の間で流行っています。

 

私はこのパパ活という言葉の方が、まだ愛人という意味不明な言葉より正しい名付け方だと思いますね・・・

 

とにかく、個人的には「愛人」という言葉は世の中から無くなれば良いと強く感じています。

 

金とセックスを交換してもハッキリ言って男は満足出来ないんですよ・・・何故なら、その関係には絶対に「愛」を感じられないから・・・

 

最高のセックスというのはお互いが「愛」を感じていないと絶対に達成できないんです。

 

愛人関係というのも残念ながら最高のセックスというのは実現不可能なんです。

 

単にオナホールと化した女性を相手にしているような感覚しか味わうことが出来ないんです。

 

だからこそ、皆さんにはこのような無価値な愛人関係という世界には手を出さないで欲しい。

 

もっと

夢のあるナンパを行って

女性をその気にさせてからの抜群に気持ち良いセックスの世界を実現して欲しいと私は願っています。