ツーショットダイヤルに入り込む援交・割り切りを求める女達!

第二次援助交際ブームが到来中?

最近、女達が調子に乗ってきていると思わないか?俺はこの現象にデジャビューを覚える。80年代のバブル時期の女達の悪ノリ。ジュリアナ・アッシー君・メッシー君など女が勘違いしていたピークだっただろう。

 

次にヤバかったのが小泉政権になり株価が高騰した時である。

 

この時期と言えば女子高生ブームや援助交際と言う言葉が出来始めた時期である。

 

そして今、アベノミクス効果で日本の株価が非常に高くなってきている。年初めに失速してアベノミクスも終わったか?と言われていたが終わるはずはないのだ。

 

なんせ日銀が日本円を掏りまくっているのだから。この意味が分るだろうか?日本円の価値はどんどん薄まり、その代わりに株に投資される。つまり日本株は異次元の緩和をしている限り、絶対に株価は上がっていくのだ。勿論、その過程には株価の乱高下が何回も訪れるが。

 

そして消費税増税後の一服が今終わろうとしている。恐らく年金か外人かは分らないがどちらかが、大量に日本に資金を投入して行っている。

 

私は確実に女達が調子に乗る予兆をビンビンに感じてきている。

 

出会いカフェに行けば、女共が身の丈に合っていない「高額な援助交際」を持ち掛けてくる。通常は1.5〜2が限度であろうが、5以上の大金を持ちかける馬鹿女までいるからな。

 

これは今流行のツーショットダイヤルでも同じ状況だ。

 

徐々にではあるがツーショットがテレクラ全盛期の素人入れ食い状態から、テレクラ化してきているのだ。

 

この状況は正直言って好ましくない。もう少しトーンを落としてもらわなくては、需要と供給のバランスが厳しい状況になってしまう。

 

このままでは第二次援助交際ブームと言っても過言では無いほどの援交ブームが到来してしまうだろう。そうなると、その後の規制は目に見えている。そしてブームの終了。

 

まあこの現象もアベノミクスが好調に推移している過程のごく小さな一部の現象なのかもしれないが。